署名のご協力お願い致します

常設ドッグラン設置へ! ご協力ください
行政を動かすために、いまいちど署名集めを大々的に再開します

  野川ドッグエリアの会では、2005年秋から、世田谷区長あてに常設のドッグラン施設設置を求める署名を集め、2006年夏までに1612名分を提出しました。そして、当会は、世田谷区の担当部長や公園緑地課長らと、定期的に協議を続けました。その結果実現したのが、仮設フェンスによる2007年10月と2008年3月の「体験ドッグエリアのがわ」です。
 しかし、当会では、はじめに署名用紙(要望書)に書いたように、あくまで常設のドッグランを求めて活動しております。行政、特に世田谷区の幹部職員は、「現状では常設施設は難しい」との立場を崩さず、仮設ドッグエリアを時々実施することで、お茶を濁そうとしています。しかし、人と犬の共生、そして新たなコミュニティ拠点創設のためには、常設ドッグランは欠かせないのです。
 当会は、2008年5月31日に都議や区議4名を来賓に迎えて、年度総会を開きましたが、その場でも区議の方々から、「常設ドッグランを目指すなら、来年度予算を決める定例議会の前、9月中旬までに、更なる署名を集め、当初目標の3000名を達成することが効果的だ」という指摘がありました。
 ただ、当会の10名弱の役員、旧役員の人脈では、先の1600名あまりの署名集めで使い果たしてしており、新たに大量の署名を集めるのは困難です。そこで、当会では、参加したほとんどの方がアンケートで「常設のドッグランが欲しい」と答えてくださったことを思い出し、体験ドッグエリアのがわ参加のみなさんに、協力をお願いすることにしたのです。
 たいへん突然で、あつかましいお願いだとは存じますが、同封の「要望書」(署名用紙)に、一人でも二人でも(もちろん、3枚あわせて30名分集まれば理想ですが)、署名を頂いてもらえないでしょうか。必ずしも世田谷区や、近辺の方でなくてもかまいませんので、ぜひ、集めてください。
 下の署名用紙をクリックして、プリントアウトし、署名を集めてください。人数がまとまりましたら、事務局までご一報いただければ、受け渡しの方法をお知らせします。なにとぞよろしくお願いします。
 

(文責・事務局/吉田兼一)
署名のお願い(2008年8月に過去の体験ドッグエリア利用者に送った手紙) 署名用紙
画像をクリックするとPDFファイルが開きますので、
プリントアウトしてご活用ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です